Skip to content

尾瀬のハイキングのみどころ

尾瀬のハイキングのみどころとして有名なのは、季節ごとに咲かせる色々な種類の花です。

ミズバショウの花はこのエリアの植物のなかでも最も人気が高く、この花が咲く5月の終りから6月の中ごろにかけては、ミズバショウの花を見ることを目的とした観光客が多く訪れます。しかし、尾瀬のハイキングのみどころはミズバショウだけにとどまりません。何度も訪れる人も多いこの湿原は、季節を変えて出かけるごとに違った表情を見せてくれるでしょう。

5月の終りから7月の初め頃にかけては、リュウキンカという可愛らしい黄色の花が咲きます。フワフワとした綿毛のようなワタスゲは、6月の中ごろから7月の初め頃に尾瀬でハイキングをすると、あちこちでよく見かけることができます。鮮やかな黄色い花が印象的なニッコウキスゲは、7月の初めから8月の初め頃が見頃です。同じ頃にはヒツジグサも見ることができるでしょう。また沼の近辺だけでなく至仏山の中に入る山歩きコースでも、様々な高山植物を見ることができます。

毎年7月1日に開山する至仏山を目的に尾瀬のハイキングに出かける人も少なくありません。こちらは登山道を歩くコースとなっているので、ある程度体力に自信のある人や何度も訪れたことのある人にお勧めです。このように尾瀬でハイキングするときのみどころとして人気の高いものは、多くの人の協力によって守られている手付かずの自然環境や、季節ごとに訪れる人の目を楽しませてくれる植物たちです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *