Skip to content

尾瀬のハイキングの魅力とは

群馬県や福島県、新潟県にもまたがっている広大な地域である尾瀬は、ハイキングに訪れる人も多くいる人気のスポットです。

ミズバショウの花が咲く大きな湿原で知られていて、全体が国立公園の特別保護地域や特別天然記念物にも指定され、厳しく環境が保護されている地域でもあります。そんな尾瀬はハイキングや登山をしたい人や自然の中でリフレッシュしたい人にも人気です。尾瀬でハイキングをすると、日本百景にも選ばれている美しい自然の風景を見ることができるでしょう。そこには湿原ならではの貴重な植物が群生していて、都市部ではなかなか見ることのできない景色があります。

「ミズバショウの花が咲いている、夢見て咲いている水のほとり」という歌詞でも知られる「夏の思い出」という有名な歌にも登場する植物の花も、季節によっては見ることが可能です。尾瀬でハイキングをする人は、この清楚な印象の白い花を見ることを目的にしている人も少なくありません。最も人気があるのはミズバショウですが、この花が咲くのは初夏の時期です。

しかしそれ以外の時期でも、様々な植物が湿原を彩り、尾瀬のハイキングでは季節を変えて訪れることで、違った植物も見ることができます。ミズバショウのシーズンと被る時期には、リュウキンカという花も見ることができますが、その後はフワフワしたワタスゲの群生に移り変わります。ミズバショウに次いで人気の高いニッコウキスゲは、7月の初めから8月の初め頃まで見ることが可能です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *