Skip to content

尾瀬のハイキングツアーの特徴

国立公園の特別保護地域や特別天然記念物にも指定されている尾瀬は、ハイキングツアーを利用して訪れる人も沢山いる地域です。

ツアーは国内の各地から出発するものがありますが、東京からはバスに乗って現地まで行くものが多く、様々な旅行会社による色々なコースがあります。尾瀬のハイキングは湿原の中を通って歩きますが、植物が生えている水を多く含んだ湿原の中には足を踏み入れることは禁止です。歩道として整備されている木道があるので、散策する人たちはこの道を通るようになっています。

そのため比較的歩きやすい場所が多くありますが、時期によっては尾瀬にハイキングで訪れる人が多くいるために、混雑することもあるのが特徴です。尾瀬のハイキングツアーは、前日の夜にバスで東京を出発するものや当日の朝にバスで東京を出発するものがあります。前日の夜に出発するツアーのほうが現地で過ごす時間が多くあり、じっくりと満喫することが可能です。

その分、湿原の奥まで進んだり登山道に入ったりすることもあるので、体力に自信がない人は注意が必要です。しかし当日の朝に東京を出発する尾瀬のハイキングツアーなら、バスを降りてから湿原までの間を歩き、湿原の入り口付近まで行くコースとなっているので、比較的手軽に参加できるコースといえるでしょう。湿原の手前までしか行かないコースでも、季節によってはミズバショウをはじめとした様々な植物が目を楽しませてくれます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *