Skip to content

魅力的な尾瀬のハイキング

東京から車で5~6時間という距離にある尾瀬は、ハイキングに訪れる人も多くいる自然が豊かな地域です。

大部分が1万年前に火山の噴火によりできた湿原であるこの地域は、国立公園に指定され環境を保護されているほか、日本百景に選定されている美しい景色が魅力となっています。歩道以外の場所に立ち入ることはできないように制限されていますが、湿原では木道を通って尾瀬のハイキングをすることができるので、比較的歩きやすく、散策を楽しむ人に人気です。そんな尾瀬のハイキングでは、様々な湿原の植物群落を見ることができます。

周囲には至仏山や燧ヶ岳といった2千メートル級の山が連なっていて、登山道のコースを歩く人も多くいます。体力にあまり自信がない人でも楽しめる気軽な散策コースがある一方で、山道に入るコースもあるため、尾瀬のハイキングは初心者から中級者・上級者まで楽しむことができるでしょう。湿原の中を歩くには、前述したとおり木道を通ることになっています。木道は右側通行となっていて人々がすれ違うことは可能です。

湿原に足を踏み入れることなく通ることができるので、尾瀬のハイキング客にとっても歩きやすくなるというメリットがあるほか、湿原の貴重な植物を踏み荒らされることがないため観光保護にも役立っています。木道はこの地のイメージとして思い浮かべる人も多く、他の場所ではあまり見かけることがない湿原ならではの光景となっているため、非日常の雰囲気を味わえる野も魅力です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *