Skip to content

楽しい尾瀬のハイキング

国立公園に指定されていて厳しく環境が保護されているほか、日本百景にも選ばれた美しい景色がある尾瀬は、ハイキングで訪れた人にとって何度訪れても楽しめると評判のエリアです。

主に春から秋にかけてのシーズンは観光目的で訪れる人が多くいて、中には何度もリピートしているという人も少なくありません。何回も来たことのある尾瀬のハイキングの常連の人は、何度行っても飽きない・季節ごとに生えている植物が違うので何度来ても楽しめる、と言っている人もいます。何度訪れても新鮮な気分を味わえる理由には、季節ごとによって違う植物が目に付くということが挙げられるでしょう。

尾瀬のハイキングの目的には、有名なミズバショウを見ることがメインだという人も多くいます。白い花を咲かせるミズバショウが見頃となる5月末から6月上旬は、実際に多くの人が訪れます。しかしミズバショウのシーズンの後である7月上旬から8月上旬には、鮮やかな黄色い花が咲くニッコウキスゲが見頃となります。この時期に尾瀬のハイキングに来たら、あちこちに群生するこの花を見ることができるでしょう。

またニッコウキスゲの見頃が終わった後の9月中旬から10月中旬の時期には草紅葉を鑑賞することができます。一度訪れた時とは違う時期に再び訪れたら、違う植物が見頃となっているのが特徴です。そして湿原だけでなく、尾瀬のハイキングを登山道でおこなうと、また違った植物を見ることができるでしょう。登山道では高山植物にも出会うことができます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *