Skip to content

尾瀬のハイキングが人を惹きつける理由

尾瀬はハイキングに出かける人の多い人気の旅行先です。

東京から車で5~6時間という距離にあるこの場所は、群馬と福島それに新潟にまで広がっている大きな湿原です。国立公園の特別保護地域に指定されていて、環境保護の対象となっているためマイカーでの進入が規制されている地域でもあります。そのためマイカーで来たなら、途中からはバスに乗り換えて向かうことになります。それだけ厳しく環境が保護されているだけあって、尾瀬はハイキングで訪れると湿原ならではの植物を見ることができたり、豊かな自然を満喫することができるのが特徴です。

沼の近くには至仏山や燧ヶ岳といった山々があり、登山をする人にも人気があります。尾瀬のハイキングは個人旅行で行くこともできますが、色々な会社が提供しているバスツアーなどもあり、個人旅行より楽に安く行けることもあるとして人気です。尾瀬のハイキングを目的としたバス旅行は昔からあり、夏の思い出という歌にミズバショウが登場することから、ブームになったことがありました。

今でもミズバショウが咲くシーズンは、特に多くの観光客で賑わいます。白く可憐な花を咲かせるミズバショウは、水の中から上向きに生える縦長の植物で、この花がいくつも集まって咲いている湿原は絶景であるとして、人を惹きつけています。尾瀬のハイキングツアーでも、ミズバショウの花が咲く5月末から6月の上旬にかけては、多くの参加者がいるのが特徴です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *